FC2ブログ

私たちに出来る事!!

2011年03月13日 19:41











皆さん、こんばんは~











西日本に住む私たちに出来る事として、知人が纏められてましたので、DC-601 Blogにも掲載させて頂きます。



一人一人の小さな力も数が集まれば大きな力に変わると信じています。



被災地の方々へ・・・
家族と離ればなれになられてたり、食料受給や電気・水道・ガスなどのライフラインが確保できなかったりで、本当に大変な思いをされておられると思いますが、1日も早い復興をお祈り申し上げております。

また、私個人も阪神淡路大震災では大変な思い、悲しい思いをしましたが、お互い助け合い、励まし合って乗り越えられたんだと、本当に感謝しております。


地震大国と呼ばれる日本で、いつどこで大きな地震や災害に遭うか分からない現状だと認識しておりますが、個々の力を合わせ、少しでも被災された方々への支援が実現するよう、私個人としても尽力致しますので、日々DC-601のブログを見て頂いている皆様にもご協力をお願い致します。



この記事を読んで頂いている皆様!
下記を参考にして頂き、何でも良いので出来る事を率先して行い、助け合っていきませんか?






私も下記に記載している事項は、頂いた内容ですがコピペして使って頂いても結構デス!





■義援金について

一つ下の記事でも書きましたが、各種webサービス等が義援金の募集を始めています。

現在、私たちができる一番効果的な方法です!

Yahoo!基金
goo募金(要アカウント)http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/
共産党京都府委員会http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/03/11/post_7633.php
民主党http://www.dpj.or.jp/news/?num=19859
ジャパンプラットホームhttp://www.bk.mufg.jp/news/news2011/pdf/news0312_02.pdf
宮城県http://www.pref.miyagi.jp/zeimu/hurusato/tetsuduki.html
CANPAN FIELDShttp://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html
Give One http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10180
NTT Docomo http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/csr/social/charity/index.html
American Red Cross(ドル決済)http://www.amazon.com/b/ref=amb_link_355543322_2?ie=UTF8&node=2673660011&pf_rd_m=ATVPDKIKX0DER&pf_rd_s=right-csm-1&pf_rd_r=1S3HDB87J2WENR9ZWV1J&pf_rd_t=101&pf_rd_p=1290864082&pf_rd_i=507846
Evernote http://blog.evernote.com/jp/2011/03/12/2145
T-SITE(Tポイントで募金できます) https://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=88&scid=bokin999
AU KDDI(via twitter)
auが携帯から寄付できる義援金を募集しています。
【au】「EZボタン」―「トップメニュー」または「au oneトップ」―「災害用伝言板」―「被災地支援義援金サイト」



お金の行方にも興味を!(via twitter)

阪神大震災の経験。半年後に家の修繕費が数百万円かかるころの10万円よりも来週の食材にあたる1万円の方がホントに重要。災害記念館みたいなハコものに寄付したいとは誰も思いません。寄付する時は寄付したお金の行方にも興味を! http://bit.ly/eBJ205



「募金しませんか」に注意(via twitter)

募金しませんかというのが家に来た。そういうのは然るべき会社を通してやると言ったが粘ってくるので、会社聞いたら答える。だが聞いたことのない会社なので持ってたiPhoneで検索かけるんでといったら逃げた。
善意を騙った悪がここにもいるんだな、気をつけましょ。

■節電について

東京をはじめ、被災地の電力が足りていないみたいです。
関西電力や中部電力が送電を開始したとのこと。
送電の転送量に限界があるみたいですが、できる限りの節電を心がけましょう!

東京電力 需給逼迫による停電の可能性と一層の節電のお願いについて

とりあえずカーテン開けよう!靴下履こう!
特に、夕方からが電気が足りないようです!
以下、twitterからの情報です!



【3月12日18:15現在】現在の関西電力の送電状況(via twitter)

関西電力から折り返しの連絡がありました。関西電力では送電の決定はない。これからあるかは未定。たとえ送電するとなったとしても、節電の必要性はないとのことです。ちなみに中部電力は送電を決定しているようです。電話をして伺いました。間違いないと思います。



【3月12日14:30現在】送電容量いっぱい(via twitter)

関西電力や中部電力からの東電管区への送電は既に送電容量いっぱいなので、
そっちが節電しても送電量が増えることはないとマスコミからも報道があります。


電力会社の方から(via twitter)

電力会社の者です!節電に協力して下さい!!あなたの節約した電気が、病院に使われ、傷付いた一人の命を救います!!完全復旧送電には最低一週間はかかります。せめて一週間、節電をなんとか、心より、どうか宜しくお願いします!!!m(_ _)m


関西電力が電力の供給を開始(via twitter)

関西電力が東京方面への電力の供給を開始したとの情報が入りました。と言う事は関西での節電が災害の協力になります!まだまだ夜半には冷え込みも厳しく18時~19時の時間帯で300万KWの電力が不足するとの東京電力の需要予想です!皆で節電して、皆でこの有事を乗り切りましょう!



18~20時が電力不足のピーク(via twitter)

節電を訴えるTLが流れているが、電気はそのタイミングで節電しなければ意味がない。『18~20時に節電する』これが大事。その時間帯だけ、余分な家電製品のスイッチやコンセントを抜く。それだけでも効果は大きい。




--------------------------------------------------------------------------------
■献血について

被災地では、報道通り現在多数の負傷者がいます。
そこで、献血は非常に効果的なのですが、
血液の保存にも期間があるため、献血のタイミングが重要となっています。
献血をする際には、窓口に問い合わせる等して、
自分の血液型の血液が今すぐ必要か確認したほうが良いと思われます!

以下、twitterからの情報です。



赤十字センターの見解(via twitter)
献血協力について赤十字血液センターに問合せてみた。
①今すぐ必要となる分の備蓄はあります。
②今後不足が予想される時は報道機関を通じて協力の呼びかけをします。
③献血間隔は通常で3ヶ月、成分献血で2週間。』 
結論:血液鮮度の関係上、呼びかけがあってからの協力が一番助かるとのこと。


月曜以降に(via twitter)

大阪から!献血ルームに「地震で血液の必要数は足りてますか?」って問い合わせたら「まだ現地の病院が稼働していないので手術で血液が足りてない状況までは至っていません。長い目で見て月曜以降に献血に来て下さい」って言われた。焦らず出来ることからしましょう


献血を考えている方へ。(via twitter)
献血→阪神のときには皆が一斉に献血に向かい、その血が尽きた頃に血も献血者も不足し困ったそうです。
400献血の保存期間は最大21日。成分献血は3日。
血液は400mL献血の場合、三ヶ月に一回しか提供できません。計画的な参加を心掛けて。

献血で2週間、全献血で1ヶ月間次の献血ができなくなる。不足はおそらく2ヶ月近く続くはず。献血に行って混雑してたら本日分達成してる可能性あるから後日に!あわてて献血して、使いきれない献血集めるより継続して提供できる状況を!

献血できる人の条件(via twitter)
18歳~69歳で体重50kg以上の方。出血を伴う歯科治療をされた方も、治療後3日以降なら採取できます。ピアスを医療機関で開けた方は1ヶ月、自分で開けた方は1年間採取出来ません。インフルエンザワクチンを接種した方は24時間後であれば大丈夫です。






--------------------------------------------------------------------------------
■救援物資について

くまろぐ様にて必要な情報がまとめられています。

宮城の被災者に支援物資を送りたい人へ


上記リンクにも記載されていますが、現状「モノより金」です!
個人の方は救援物資を送る際は良く考えた上でお願いします。









宜しくお願い致しますm(_ _)m
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dc601.blog21.fc2.com/tb.php/176-92c1d807
    この記事へのトラックバック

    最近の記事